たかが歯と考えないで、一生自分と付き合う大切な歯だから

使用方法

歯茎

基本

歯周病対策の基本は「ブラッシング」です。しかし、ただ単にブラッシングをしているだけでは歯垢を除去することは出来ません。しっかりと歯周病を予防するためには適切な方法で歯を磨かなければなりません。

毎日ブラッシングをしていても虫歯や歯周病になってしまったという人は、ブラッシングがしっかりと出来ていない証拠です。
自己流でブラッシングをしている人は要注意です。これを機に、本当に正しいブラッシング方法を知っておきましょう。

正しい磨き方

歯磨きのブラシ部分に小指の爪程度の歯磨き粉を出しましょう。
テレビのCMでは大量の歯磨き粉を使用していますが、あまりにたくさん使用してしまうと洗浄力が落ちてしまいます。使用量が多くなれば、しっかりと磨けていなくても磨いている感覚になってしまいます。そのため、磨き残しが出やすくなります。

磨く時には、歯の表面だけではなく、歯と歯の隙間、歯と歯茎の境目も磨くようにしましょう。
また、力が入りすぎると歯茎や歯ブラシも傷つけてしまいますので鉛筆を持つ手で優しくブラッシングを行ないます。縦方向、横方向、くるくる回して磨くようにしましょう。
全体的に磨くのではなく、1本1本磨くようにします。細かく、色々な方向でブラシを動かすことで、磨き残しが少なくなります。

歯磨き粉に歯周病予防といったことが記載されている商品もありますが、歯磨き粉だけで歯周病が予防できるわけではありません。
正しい使い方をした上で、最大限の効果が発揮されます。そのためにも毎日のブラッシングは時間をかけましょう。